Greetingsごあいさつ

楽しくなければ

仕事じゃない


1日のうち大半の時間を費やしている仕事、その場所が楽しくないと人生面白くないと思いませんか?
夢や目標が見えにくくなっている時代にこそ今を楽しむことを忘れてはいけない気がします。今を楽しむといっても、ただ毎日を惰性的(だらだら目標もなく)に過ごし楽をするのではなく、本当の楽しみとは何か?本当に心から喜べることは何かを考えそれを一生懸命に楽しむことだと確信しています。

今が不安・将来が不安・どうなっていくのだろう?30代40代50代60?70?
この先今の現状が続くのだろうか?そんなことはありません「それは思い込みです
まだ来ていない未来を心配しても現状が不安になるだけ、じゃあいそのことその不安という心のブレーキを緩めてみませんか?
どうやって?簡単です!
今を一生懸命に楽しむだけです」その瞬間から仕事が楽しくなり毎日が充実した人生に生まれ変わります。
楽しい→楽(らく)→心に余裕ができる→お客様・スタッフ・会社の役に立つことを進んで出来るようになる→喜んでもらえる→お返しを貰える→嬉しい→楽しい
このサイクルです

あなたの資産・あなたの商品はあなたですね、世の中の売れている商品は買う人の役に立つから売れるんです。
あなたは何人の人の役に立っていますか?売れていますか?どうでしょうか?
少し質問を変えてみます「売れたいですか?買ってもらいたいですか?
あなたがどうしたいかだけです。
私たちはこんなことを一生懸命に伝えようとしている美容室グループです。

僕がBERRYをしている理由は「みんなで稼いで、みんなで遊んで、みんなで幸せになろう」がしたいからです。(僕もみんなの中に含まれています。)

BERRYの理念「年収1000万のオーナーを100人作る」ですが続きがあります。
大阪城の天守閣でオーナー100人とその家族で宴会をする。
これは予定で、目標ではないです。
こんなバカげたと思われることも真剣に考えているグループです、楽しくてワクワクします。

1人で楽しむのがいいですか?10人?100人?本当のあなたはどちらがいいですか?


京都BERRY(ベリー)基本指針

①プライスに対しての品質

限られた時間内に、お客様の要望を主観を取り入れることなく施術し、接客会話より接客対応に重きを置く事。

②メニューの個別化

お客様がして欲しい技術をお客様に選んでもらい、オーダーに対しては、プロとして対応する事。

③スピード

限られた時間の中、来店して頂いていることを忘れず技術接客を行い、お客様のプライベートの時間を考える事。

④チームワーク

スタッフ全員がスタッフ一人ひとりに対して思いやりを持って助け合い、店内の情報を全員が掌握し店内の流れがスムーズになるように行動する事。
BERRY(ベリー)に来店されるお客様のライフワークを第一に営業を行う事が大事であり、BERRY(ベリー)に何を求めて来店されているかを理解するように


京都BERRY(ベリー)学育指針

①自分の足で歩く人を作ろう

自分自身の目標をしっかり持ち、自分自身で自ら考え行動していく。行動した結果がよくも悪くもすべて受け入れ、自分自身の課題は自分で克服できる人間を作る。

②互いを認めあう心を持つ

お互いを尊重し、相手を認める心がけを。
まずは自分を無条件に認める事。そこに自分ルールはいらない。自分を認めないことには相手を認められません。

③想いをカタチにする技術を学ぶ。

お客様のなりたいを叶えられる技術、聞き出せるカウンセリング力を身につける。そこに自分の主観はいらない。プロとしてゲストの要望を聞き入れそれに対しての対価を頂く。

*結果を受け入れる…良い結果・悪い結果ともに受け入れる事を責任といいます。結果を受け入れる勇気を持てばどんな事もできると思いませんか?

*自分で克服できない課題は自分の前には絶対に来ません!どんな課題も克服すると決めたと時に今よりも大きな課題が目の前に訪れます。明日自分に「社長になってください」と、話が来ると思いますか?自分の課題を大きくしてみたいと思いませんか?

*自分の正しいはありますよね?でも相手の信じてる事、考えはその人の歴史の中で学び相手にとって正しい事です。それを自分の考えが正しいと主張して変える事ができると思いますか?それよりも、お互いにどうしたらもっと良くなるかを考えた方が楽しくなりませんか?

*自分を認めるのに必要な事。良いところも悪いところもあるのが人間です。良いだけの人、悪いだけの人を見た事がありますか?思い込みを見直して、生きてるだけで価値がある事を認めてください。どんなに偉い人でも人間ですよ、そー思いませんか?

*役に立つ、喜ばれる、必要とされる、だからお金を払っていただける、お客様は何をしにお店に来られていますか?「私の希望を忠実に提供してくれるからお金を支払うね。」「お客様扱いしてくれるからお金を支払うね。」じゃないですか?自分だったらどうですか?そこに自分の主観は要りますか?お客様の気持ちが一番大事だと思いませんか?お金って気持ちの対価だとは思いませんか?


BERRYはこの2つの指針に基づいて運営をしています。


「美容室経営の現状」(直近の全国数値から)

○年間の出展数は10,000店で、年間の閉店数は8,000店です。
○純粋に残るお店は2,000店となります
○平均3年で60%が閉店し、10年で95%が閉店する実情です。
○20年継続できるお店はわずか0.3%といわれている業界です。
○いかに過当競争業界かとお分かりいただけると思います。
○後継者問題や地域の変貌なども含まれていますが、並の体力、財力では継続が困難です。
○だから単店の独立ではなく、弊社のFCオーナー制度が指示されているのです。





PAGE TOP